BLOG ブログ

HOME // ブログ // そろそろ乾燥肌の対策を!?「コラーゲン」の効果

CATEGORY


栄養[情報]

そろそろ乾燥肌の対策を!?「コラーゲン」の効果

ご覧いただきありがとうございます!



今はまだ湿度が適度にあり、そこまで乾燥に注意は必要ないと思いますが


季節を先取り、美肌効果もあり乾燥肌を防ぐ「コラーゲン」を本日はご紹介致します!!



そもそも、コラーゲンの摂取は肌に良い影響を与えるのでしょうか!?






はい(^^)♪


コラーゲンの摂取は肌に良い影響を与えます!




【コラーゲンとは】


骨、皮膚(特にコラーゲンが多い)、粘膜、血管などの身体の一部であるタンパク質の一種です。




【コラーゲンが不足すると】


・乾燥肌


・脱毛


・骨粗鬆症


・血管がもろくなる(血管にある程度の負荷をかけるトレーニーにとっては重要)


など




【コラーゲンの摂取量】


1日の推奨量:5000mg~10000mg


➡日本人が食事で摂取する量は平均的に1900mgと報告があります。


サプリメントなどで補う場合は最低約3000mgの摂取が必要になります。



【コラーゲンの多い食品】


結論からいいますと「コラーゲン」の摂取を意識し過ぎた食生活を続けるのは危険です!!


コラーゲンの多い食品の多くは脂質も多いです。


例えば、うなぎ、鶏皮、モツ、豚バラ、そして豚骨スープ!!



脂質が少ないものですと、例えば


・牛すじ(100gあたり約5000mg)


・鶏軟骨(100gあたり約4000mg)


・鶏砂肝(100gあたり約2300mg)


・鶏もも(100gあたり約1600mg)


・エビ(100gあたり約1150mg)


・イカ(100gあたり約1400mg)


など



ちなみにコラーゲンの王様「フカヒレ」は100gあたり約9900mgあります!!笑



【コラーゲン摂取の際の注意点】


コラーゲン単体の摂取効果はあまり高くありません。


鉄分(あさり、海苔など)、ビタミンC(ピーマン、海苔など)も一緒に摂るようにしてください。


特にハードな運動をする方、女性は鉄分を失いやすいので、意識して摂ることをススメます。


しかし、コラーゲンはタンパク質の一種なのでコラーゲンが豊富なものを摂らなくても


肉、魚、豆などから十分に必要量の摂取ができると思います!








今日は天気がよく、気持ちのいい風も吹いていて


とても過ごしやすい一日でした(^^)



そんな気持ちよく過ごせた一日の締めくくりは


お客様からいただいたアイスコーヒーをいただき


ゆったりと事務作業(^O^)♪


ホットを飲まず、一年中アイスコーヒー派の私にとって


最高の一時になりました♪



この場をお借りして重ね重ね、御礼申し上げます!



それでは本日も一日お疲れさまでした!!



□□□□□□□□□□□□□□□□□

柏市のパーソナルトレーニングジム
RE-ALL FITNESS | リオールフィットネス

理学療法士免許を有する専門のトレーナーが
「継続できるトレーニングと食事管理」をテーマに
トレーナーから離れたその後の人生でも続けていける
健康習慣の定着を図ります。

千葉県柏市あけぼの3-6-47 [℡.04-7157-3530]
https://reallfitness2020.com/

□□□□□□□□□□□□□□□□□
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧