BLOG ブログ

HOME // ブログ // マスクをしていると水を飲みたくなくなる!?

CATEGORY


栄養[情報]

マスクをしていると水を飲みたくなくなる!?


1日にどれくらいの水を飲んでいますか!?


私は最低でも4㍑は飲んでいます(^^)



暑い日が続く中、マスクをしながら仕事や運動をする必要があるため例年以上に熱中症になる可能性が高いのではないでしょうか?



また、マスクをしていると口腔内の湿度が高くなるため、していない時よりも喉の乾きを感じにくくなります


更にマスクをしていると吐いた息がこもるので体温も上がりやすくなります。



このような状態ですと水分不足や熱中症になるリスクが高くなりますよね(^_^;)



そこで今回は意外と知られていない水分の必要摂取量についてお話していこうと思います!!

目次

体内で作られる水分量/食事で補える水分量

水は体内では【約0.3㍑】しか作れません。

食事で補える量は、3食バランス良く食べていれば食べ物で【約1.0㍑】は補充できると言われています(実際はもっと低く見積もっていいような?)。

残りは飲料水などでしっかり補充する必要があります。

必要摂取量(水分)の出し方

年齢に応じて体重(kg)に以下の値をかけてください!

▶30歳未満の場合     ⇨体重✕40

▶30歳以上55歳以下の場合⇨体重✕35

▶56歳以上の場合     ⇨体重✕30

上記で出た値を【990.5】で割ってください。

それが1日に必要な水分量(㍑)です。

例)年齢33歳/体重85kgの人の場合
▶85kg✕35=2975
▶2975÷990.5=3.0㍑

わすれてはいけないのが、
・体内で作られる水分0.3㍑
・食事で補充できる水分1.0㍑

計算し直すと↓
▶3.0㍑-0.3㍑-1.0㍑=1.7㍑

つまり最低でも水分として1.7㍑、多めに2㍑以上は飲む必要があるということです。

水分が不足した場合

▶各組織の栄養不足

▶筋肉などの合成や分解が上手く行かない等の身体を調整する機能に不具合が生じる
※ボディビルダーが沢山水を飲む理由のひとつです
ちなみに筋肉の約80%は水で出来ています。

▶痙攣、冷え症、生理不順、片頭痛など

▶当然、熱中症のリスクも上がります!(+塩分補給)

注意点/1pointアドバイス

仕事や運動など活動量が多い人や、アルコール、コーヒー、ジュースなどを多量に飲む方は、上記の数字よりも更に飲む量を増やしてください!!

水分の摂り方の方法としてオススメしているのが、空のペットボトルや内容量のわかる容器に飲料水をいれて飲む方法です。
蛇口から直接コップなどで飲んでしまうと、飲んだ量がはっきりとわからないので、飲んだ量がわかるように内容量のわかる容器で飲むことをオススメします。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧