脂肪の運び屋「カルニチン」の効果

ご覧いただきありがとうございます!

前回(「ケルセチン」の効果)に引き続き今回も脂肪にまつわるお話です( ・`ω・´)

 

脂肪の運び屋「カルニチン」

脂肪をエネルギーとして使うには(脂肪を燃焼させるには)

大きく分けて3つのステップがあります。

 

この行程が上手くいくと脂肪が減ります。

 

※ここが最も重要です。

①も②も③も

どこか欠けると効率よく脂肪は減りません!!

 

「①体脂肪を分解」を促進する栄養素もありますが(コレウス・フォルスコリ等)、運動でも促進されます!

 

「③運ばれた脂肪を燃焼する(エネルギーとして利用)」は運動で促進されます!

 

「②分解した脂肪を運ぶ」に関して重要な働きをするのが

カルニチン“です。

 

カルニチンは体内でも合成されますが20歳代をピークに、どんどん生産量は減少するため

食事やサプリメントで摂取する必要があります。

 

カルニチンを多く含む食材

●羊肉/牛肉

[100g当たりのカルニチン含有量]

・羊肉(ラム):約80mg

・羊肉(マトン):約200mg

・牛肉(ヒレ):約60mg

 

カルニチンの摂取量

●毎日1~2gを目安に摂取

※現実的な問題として上記の摂取量を食事で摂るのは難しいです。

またサプリメントで摂取するにしても決して安価ではないので

カルニチンの摂取を考えている方は期間を設けて(減量時のみ)使用するのが良いと考えます!

 

摂取のタイミング

運動の30分〜1時間前がベスト

投稿者プロフィール

Yosuke Honjo
Yosuke Honjo理学療法士
RE-ALL FITNESSの栄養コンシェルジュ兼トレーナー
理学療法士であり『栄養学』に取り憑かれた男。もとは体重49kgのガリガリ。体重を増やすため過食。食道ヘルニアとなり挫折。そこから栄養の道へ進む。現在は10kg以上の増量に成功し、パワーリフティング選手として大会へ出場している。