BLOG ブログ

HOME // ブログ // ダイエットで大活躍!?「MCTオイル」の効果

CATEGORY


栄養[情報]

ダイエットで大活躍!?「MCTオイル」の効果

ご覧いただきありがとうございます!



今日はダイエットをしている方、興味のある方は一度は聞いたことがあるかもしれない


MCTオイル


についてお話していこうと思います!!




 




【MCTオイルとは】


▶ MCT(Medium Chain Triglyceride):中鎖脂肪酸


MCTオイルは、この中鎖脂肪酸が100%入ったものです。


ココナッツに、この中鎖脂肪酸が多く含まれていますが


ココナッツオイルには60~70%、中鎖脂肪酸が入っています。



 

【MCT(中鎖脂肪酸)の特徴】


中鎖脂肪酸は消化吸収が早く、エネルギーとして利用されやすい性質をもっています。


長鎖脂肪酸というものもあり、これはサラダ油や動物性の油に多いです。


名前の通り「"長鎖"」脂肪酸は鎖が長く、エネルギーとしては利用されづらく


「"中鎖"」脂肪酸は鎖が長鎖脂肪酸より短いのでエネルギーとして利用されやすいです。


 

時間にして


長鎖脂肪酸と比べて中鎖脂肪酸は「4~5倍」早くエネルギーになります。


また、すぐにエネルギーになるということは体内に長時間残らないため体脂肪になり辛いです。


 

【MCTオイルはダイエットに効果があるのか?】


YES


ダイエットに対する効果は以下のものがあげられます。



①食欲の減退


・脂質の消化には時間がかかる


・中鎖脂肪酸がエネルギーとして優先的に使われるため、体内の糖質が減り辛く、血糖値も下がり辛い。


②ダイエット時に起こりやすい筋肉の分解を抑えられる


・中鎖脂肪酸がエネルギーとして優先的に使われるため、体内の糖質が減り辛いので筋肉の分解を抑えられる。


③脂肪燃焼効果:特にケトジェニック・ダイエットを行った場合


・中鎖脂肪酸を摂取するとケトン体が発生しやすくなります。


このケトン体が体内に増えると、脂質をエネルギーとして優先的に使おうとしますが


糖質摂取量をコントロールしていなければ、この効果はとても低くなります。


 

【MCTオイルの摂取量】


1日合計30~70g:1回量 小さじ1~3で4~12g


1回の摂取量が多いとお腹を下すリスクがあります。



【MCTオイルの摂取するタイミング】


・食事の直前


・トレーニング前:30分~1時間前


 

【MCTオイルの摂取時の注意点】


●MCTオイルを使用して効果が出やすい方は、日頃から食生活をしっかりと管理し、適度に運動をしている方です。


普段から食事を気にせず暴飲暴食や栄養過多などの食生活を送り、運動量も少ない方は


かえって太りやすい(体脂肪がつきやすい)状態になります。


また、ケトジェニック・ダイエットでよく使われますが、このダイエット法は食事管理が少々難しいため初心者の方にはオススメできません(今度ご紹介します!)。


MCTオイルは熱に弱いです。もし料理油として使う場合はココナッツオイルを使用すると良いでしょう。



 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□

柏市のパーソナルトレーニングジム
RE-ALL FITNESS | リオールフィットネス

理学療法士免許を有する専門のトレーナーが
「継続できるトレーニングと食事管理」をテーマに
トレーナーから離れたその後の人生でも続けていける
健康習慣の定着を図ります。

千葉県柏市あけぼの3-6-47 [℡.04-7157-3530]
https://reallfitness2020.com/

□□□□□□□□□□□□□□□□□
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧